ベルリンでひきこもり

毎日ベルリンでひきこもり。ときどき旅にでかけます。

ドイツの大学入学準備 | 日本の成績をドイツ式に換算するには?

f:id:tabbie_cat:20180823231139j:plain

ドイツでの大学進学を検討している場合、特にNC(Numelus Clausus=入学制限)のある学科に応募する場合には、自分の成績が入学許可を得るのに十分なラインに達しているかどうか、気になるところですね。
uni-assistを通じて応募する場合には書類が受け付けられた段階でドイツ式に換算した成績を通知してくれますが、審査には最低4週間かかってしまいます。
念のため併願先を増やしたほうがいいのか迷っていても、結果が来るのを待っていては出願期間が終わってしまう…というジレンマを抱えることも。

そんなときは自分でおおよその目安を計算してみましょう!

というわけで、今回は日本(またはその他の国で)の成績をドイツ式に換算する方法を紹介します。

ドイツの成績評価方法

本題に入る前にドイツでの成績の評価方法を確認しておきましょう。
もう知ってるよ!! という方は飛ばしてください。

ドイツでの成績は1から6までの数字で表されますが、日本とは異なり数字が小さいほど良い成績を意味します。
合格は1.0から4.0の間まで。それ以上の数字は不合格となります。
参考までに、ベルリン自由大学では以下のように段階分けされているようです。

  • 1.0 - 1.5…sehr gut(秀/S・A+)
  • 1.7 - 2.5…gut(優/A)
  • 2.7 - 3.5…befriedigend(良/B)
  • 3.5 - 4.0…ausreichend(可/C)
  • Über 4.0…nicht bestanden(不可/D・F)

参考:Freie Universität Berlin
https://www.fu-berlin.de/studium/information_a-z/punktemodule.html

入学許可を得るために必要な成績を調べる

「NC Grenze Uni xxxxx」「NC Wert Uni xxxxx」(xxxxxには大学名)などで検索するとそれぞれの年で入学許可が下りた最低ラインの成績を調べることができます。
例えば、フンボルト大学ベルリンなら以下のページの"Grenzwerte-Tabellen"から専攻ごとの足切りラインを確認できます。
https://www.hu-berlin.de/de/studium/beratung/merk/grenzws

ただし、大学によっては外国人志願者を別枠で審査するため、大学が公表する成績とは一致しない場合や、その年の志願状況によって入学許可が下りる成績が大きく変動する場合があるようです(フンボルト大学ベルリンはそうだとのこと)。
必ずしもここで調べた結果通りにはならないかもしれませんが、参考までに。

Bayerischer Formelとは?

ここから本題です。
ドイツ式成績に換算するには、Bayerischer Formelという計算式を使います。
uni-assistから送られてくる成績通知にも書かれているこの公式です。

Nmax - Nd
-------------------- x 3 + 1
Nmax - Nmin

  • Nmax…最大評点
  • Nmin…合格最低点
  • Nd…最終成績または平均成績

…とだけ書いても分かりづらいと思うので、具体的に数字を入れて計算してみましょう。

Bayerischer Formelを用いた計算例

例えば、成績の評価方法と最終成績が下記の場合。
表記法は学校によってそれぞれだとは思いますが、今の日本の大学の成績評価方法では最も標準的と思わる5段階評価法を例にしましょう。

評価方法
ー合格ー
S: 100-90
A: 89-80
B: 79-70
C: 69-60
ー以下不合格ー
D: -59

最終成績(GPA): 3.5
-GPA算出基準-
S: 4ポイント
A: 3ポイント
B: 2ポイント
C: 1ポイント

で、いろんな数字が出てきましたが、この場合計算に必要になるのはGPA算出基準のポイントです。

  • Nmax(最大評点)=4
  • Nmin(合格最低点)=1
  • Nd(最終成績)=3.5

ということで、先程の公式にあてはめましょう。
その結果がこちら。

4 (Nmax) - 3.5 (Nd)
---------------------------- x 3 + 1 = 1.5
4 (Nmax) - 1 (Nmin)

というわけで、5段階評価法の3.5は、ドイツ式の成績では1.5ということになります。先にあげたベルリン自由大学の評価方法に照らし合わせてみると、このあたりまでがギリギリsehr gutに入る成績ですね。

いろいろな成績評価方法にも対応可能

昔の評価方法(優・良・可・不可の4段階など・最終成績の記載なし)で成績がついている場合は、

  • 優…3ポイント
  • 良…2ポイント
  • 可…1ポイント

として、

3x優の単位数 + 2x良の単位数 + 1x可の単位数
----------------------------------------------------------------- = 平均成績
総取得単位数

で計算すると、平均成績が求められます。ここから同様にドイツの成績に換算できます。
高校の成績も、同じように求めることが可能です。

なおこちらあくまで私の解釈による計算方法ですので、間違っていても責任は負いません。自己責任でお使いください。