ベルリンでひきこもり

毎日ベルリンでひきこもり。ときどき旅にでかけます。

イージージェットに乗ってみよう。使い方と注意点

f:id:tabbie_cat:20171127231316j:plain

ライアンエアーと並んで知名度の高いヨーロッパのLCC(格安航空会社)といえば、イージージェット。
ヨーロッパ中にくまなく張り巡らされた使いこなせれば、ヨーロッパ旅行のプランの幅はぐんと広がること間違いなしのはず。

さてこちらもヨーロッパのLCCらしく、価格の安さと引き換えにさまざまな制限が。
以前紹介したライアンエアーとは注意点が若干異なりますので、イージージェットならではの注意点をまとめてみました。

以前書いたライアンエアーの記事はこちら。 www.tabbie-cat.net

まずは予約

www.easyjet.com

というわけで、まずはフライトを探してみましょう。
イージージェットのウェブサイトはなかなかすごい勢いで多言語化されていますが、中国語はあっても日本語はありません。残念ですね。

基本的にオンライン予約で、支払い方法はデビットカードもしくはクレジットカードのみ。

一応、クレジットカードで支払いをすると料金の1%が決済手数料として上乗せされます。フライト料金がもともとたいしたことないのでそれほど大きな金額になることはないと思いますが、念のため。

オンラインチェックイン必須!

イージージェットを利用する上で忘れてはいけないのが、オンラインチェックインが必須であること。
ライアンエアーはオンラインチェックインをしなかった場合、空港のカウンターでペナルティを払えばチェックインが可能ですが、イージージェットではオンラインチェックインを忘れると問答無用で搭乗拒否です。
チェックインは出発の2時間前まで可能ですので、絶対に忘れないように。

...とはいえ、オンラインチェックインを忘れた場合には振り替え便を€80で販売してくれます。さすがですね!

公式アプリを使えばスマホだけで搭乗可能

ひとつイージージェットに優れた点があるとすれば、公式アプリの使い勝手の良さでしょうか。

イージージェットはライアンエアーとは異なり、ビザチェックの手続きは必要ありません。預け荷物がなければ、事前に用意したボーディングパスを持つだけで直接セキュリティゲートに向かうことができます。

イージージェットの公式アプリでは予約からチェックイン、ボーディングパスの発行までのひととおりの手続きがスマホ上で行えます。

特に旅行中には、ボーディングパスのプリントアウト不要というのは地味にありがたいものです。
旅の中でイージージェットを使う予定があるならばぜひダウンロードしておくことをオススメします。

余談として一応ライアンエアーにもアプリはありますが、EU市民以外はいかなる場合も紙のボーディングパスにビザチェックのスタンプを押してもらう必要がありますので、EU外の人間にはまったく意味をなしません。うっかりダウンロードしてしまった場合は、容量の無駄に他ならないのでとっとと削除しましょうね。

かなり厳しい荷物制限!!

さて、イージージェット利用の際のもうひとつの注意点が機内持ち込み手荷物のこと。イージージェットの荷物制限は、LCCの中でもかなり厳しい部類です。

というのも、通常料金の座席を予約した場合、無料で機内に持ち込めるのは56 x 45 x 25cmまでの大きさの荷物1個だけ。

f:id:tabbie_cat:20171127231346j:plain

近頃ではLCCも荷物の規制を緩めてきており、(ライアンエアーも含め)身の回り品+機内持ち込み荷物の合計「2個」の持ち込みを認める航空会社がほとんどとなりましたが、そんな中イージージェットは頑なに「1個」のポリシーを守り続けています。面倒ですね。

この「1個」には、身の回り品を入れたハンドバッグやPCケースなどもしっかりカウントされます。ゲートインのときに目をつけられると荷物を一つにまとめるよう言われることもあります。

ヨーロッパ人なんて適当だろ? そんなにうるさく言われるわけが… などと甘く見てはいけません。
搭乗ゲートの前で荷造りのやり直しをさせられている人は本当に多いです。最悪の場合は入り切らなかった荷物をあきらめなければならないことも...

なので、イージージェットを利用する際はできる限り身軽な格好で搭乗ゲートに向かいましょうね。

預入荷物とその制限

荷物が機内持ち込みサイズに収まりきらない場合には、追加料金を払って預け入れることもできます。
預入荷物は乗客1人あたり3個まで、大きさは3辺合計が275cm以下であることが条件です。
詳しい規定はこちらからどうぞ。↓
Cabin bags and hold luggage | easyJet

事前に預入荷物を予約した場合の料金は下記のようになります。(金額はルートによって異なります)

15kgまで:£8.99 - £29.99
23kgまで:£13.99 - £33.99

23kg以上は、3kgあたり£12の追加料金がかかり、1つの荷物あたり最大32kgまで預けることができます。

事前予約なしに出発当日にイージージェットのカウンターで荷物を預けることもできますが、その場合は選択の余地なく23kgまで£37の料金が適用されます。

預け荷物についての詳しい情報はこちらの料金表を参照してください。
Fees and charges | easyJet

なお事前に申請した重量よりも重かった場合、1kgあたり£10の追加料金を取られます。
なかなか痛い金額ですので、特に復路で使う場合には、お土産などで重量オーバーにならないよう注意しましょうね。

イージージェットのまとめ

そんなわけで、イージージェットを利用する際の注意点はおおむね以下の3つ。

  • オンラインチェックイン必須。
  • 荷物制限は厳しめ。機内持ち込みの荷物は極力少なく!
  • ご利用は計画的に。

行きはイージージェット・帰りは荷物制限の緩い別の航空会社にするなどの工夫をすると、より快適に利用できるんじゃないでしょうか。
それでもライアンエアーのビザチェックのような恐ろしいトラップは存在しないので、普通に使いやすいほうのLCCだと思います。