ベルリンでひきこもり

毎日ベルリンでひきこもり。ときどき旅にでかけます。

ベルリンのクリスマスマーケット | 有名どころから穴場まで、オススメ6つ

f:id:tabbie_cat:20161210112528j:plain

冬のドイツの風物詩・クリスマスマーケット。
ここベルリンもその例に漏れず、12月は市内各地で大小さまざまなクリスマスマーケットが開かれています。
その数はなんと100以上にも及ぶとの噂も...

そんなにたくさんのクリスマスマーケットの中から、とりあえずどこに行ったらいいの? という方のために、私の独断と偏見によるおすすめを6つ、ピックアップしてみます。

絶対に訪れたい! 有名どころ2つ

ジャンダルメンマルクト:Weihnachtszauber Gendarmenmarkt

ベルリンのクリスマスマーケットを訪れるなら、外せないのがこちらのジャンダルメンマルクトです。
フランス大聖堂・ドイツ大聖堂・コンツェルトハウスが並び立つこの広場は普段からもヨーロッパ屈指の美しい広場と言われていますが、クリスマスマーケットが開かれるこの時期は格別!

f:id:tabbie_cat:20161210112526j:plain

また、世界各国の個性あふれるハンドメイド製品が集まるのもこちらのクリスマスマーケットの特徴のひとつ。
特別なギフトを探すときにも、ぜひオススメしたい場所です。

営業時間:
月―日 11:00-22:00
※平日午後2時以降および週末は入場料€1が必要です。

アクセス:
U-Bahn U2 Stadtmitte/HausvogteiplatzまたはU6 Französische Straßeから徒歩3分ほど。

ベルリン市庁舎前:Berliner Weihnachtsmarkt

f:id:tabbie_cat:20161210112529j:plain

赤いレンガが目印のベルリン市庁舎とベルリンのシンボル・テレビ塔に挟まれた広場にも、クリスマスマーケットが。
こちらのマーケットはおよそ100年続く、ベルリンで最も歴史あるクリスマスマーケット。

またこちらのマーケット、毎日16:30・18:30・20:30の3回、サンタクロースが現れます。クリスマスマーケットの思い出に、一緒に記念撮影をするのも良いかもしれません。

営業時間:
月―金 12:00-22:00
土―日 11:00-22:00

アクセス:
S-Bahn/U-Bahn Alexander Platzから徒歩5分

郊外〜穴場のおすすめマーケット4つ

シャルロッテンブルク宮殿:Weihnachtsmarkt vor dem Schloss Charlottenburg

ベルリンの中心地からやや離れたシャルロッテンブルク宮殿でも、大きなクリスマスマーケットが開かれています。
お店のレベルもなかなか高いのですが、ここで密かに注目したいのはグリューワインカップ。
なんと、このシャルロッテンブルク宮殿のマーケット内だけでも10種類近くのグリューワインカップが見つけられます。しかも、ちゃんとシャルロッテンブルク宮殿オリジナルのカップですよ!

f:id:tabbie_cat:20161210112527j:plain

クリスマスらしい長靴型のカップも。
ここでお気に入りのグリューワインカップを探してみるのも良いかもしれません。

営業時間:
月―木 14:00-22:00
金―日 12:00-22:00

アクセス:
S-Bahn S41/S42/S46 Westendから徒歩10分
バス109 Luisenplatz/Schloss Charlottenburgなどのルートもあり。

クルトゥアブラウエライ:Lucia Weihnachtsmarkt in der Kurturbrauerei

f:id:tabbie_cat:20161210112531j:plain

オシャレなカフェやレストランの集まるプレンツラウアーベルク地区のクリスマスマーケットがこちら。
かつての醸造所跡に集まるお店は、やはりギフトやおみやげよりも食べ物・飲み物に関係したものが目立ちます。

f:id:tabbie_cat:20161210112532j:plain
ボリューム満点のポークロースト。

特にフィンランドやスウェーデン、アイスランドなど北欧諸国のクリスマスドリンクが一度に味わえるのはこのクリスマスマーケットだけ。マルチカルチャーの街・ベルリンならではの光景です。

営業時間:
月―金 15:00-22:00
土―日 13:00-22:00

アクセス:
U-Bahn U2 Eberswalder Straßeから徒歩5分。
トラム M1/M10/12などからもアクセスできます。

ニコライ地区:Winter-Filmfest im Nikolaiviertel

f:id:tabbie_cat:20161210112530j:plain

ベルリンで最も古い区画がこちらのニコライ地区。その歴史は13世紀にまで遡ります。
800年の間ベルリンを見守り続けてきたニコライ教会の広場にも、クリスマスの時期には特別なマーケットが開かれています。
とはいえ、グリューワイン、クレープ、ソーセージの3つのスタンドがあるだけ...

と、クリスマスマーケットと呼ぶには規模が小さすぎるようにも思えますが、雑然とした印象のベルリンの中にあって、中世の面影を残すニコライ地区はまるで別世界のよう。この雰囲気を味わうためだけにも行く価値はありそうです。

営業時間:
月―金 12:00-22:30
土―日 10:00-22:30

アクセス:
S-Bahn/U-Bahn Alexanderplatzから徒歩10分

シュパンダウ市庁舎前:Spandauer Weihnachtsmarkt

f:id:tabbie_cat:20161210112533j:plain

ベルリン中心市街地から西へ15kmほど離れたシュパンダウ地区の市庁舎もクリスマス仕様に模様替え。同時に市庁舎前の広場にもクリスマスマーケットが開かれています。
郊外にありながらなかなか大きなクリスマスマーケットで、お店伝いに進んでいくとどこまでも遠くへ行ってしまうことになります...帰り道はしっかり確認しましょう。

さて、ここはなによりベルリン市内のマーケットに比べて価格が安いのがうれしいところ。
グリューワインならば、ベルリン中心部のクリスマスマーケットでは1杯が€3.5〜€4ほどに対し、こちらでは€2.5からと非常にお手頃です。 どちらかというと旅行者よりも、留学生やワーホリなどで長期滞在されている方にオススメ。

営業時間:
日―木 11:00-20:00 
金―土 11:00-22:00

アクセス:
U-Bahn U7 Rathaus SpandauまたはS-Bahn S5 Spandauからすぐ。

クリスマスマーケット・おすすめのルートは?

アレキサンダー広場から出発して、ベルリン市庁舎・ニコライ広場・ジャンダルメンマルクトまでは徒歩で30分ほど。街歩きにはほどよい距離です。

途中の聖ヘドウィグ大聖堂にもクリスマスマーケットがありますので、こちらで休憩するのもオススメ。「ノスタルジックマーケット」と銘打つとおり、ベルリン市内の中心部にありながらどこかローカルな雰囲気を味わえる、かわいらしいマーケットです。

f:id:tabbie_cat:20161214121038j:plain

クリスマスマーケット・時間帯は?

クリスマスマーケットは地元のベルリン市民もクリスマスギフトを求めて集まります。
特に週末の夜は身動きがとれないほどの混雑になることも…
混雑を避けるには、昼間に行くのが断然おすすめです。特に人の少ない平日の昼は、おみやげをじっくり選ぶには最適。

それでもやっぱりイルミネーションを楽しみたい! という方は、月曜日〜水曜日あたりを狙って行くのが良さそうです。週の初めは夜でもそれほど混雑していません(あくまで週末比)。

人混みの中では貴重品の管理には十分気をつけつつ、クリスマスマーケットを存分に楽しんでくださいね。