ベルリンでひきこもり

毎日ベルリンでひきこもり。ときどき旅にでかけます。

イギリスでの手取り給与の計算方法

f:id:tabbie_cat:20171130001639j:plain

ワーホリ民がイギリスで給与を受け取るときは、おもにIncome TaxとNIが給与から天引きされることになります。今月は手取りがいくらになるのか早く知りたい方のために、計算方法をまとめてみました。

はじめに:用語の確認

計算を始める前に用語の確認をしておきましょう。

  • Gross Pay...税引き前給与。
  • Net Pay...手取り給与。
  • Personal Allowance…所得控除。
  • Tax Year…課税年度。

イギリスの課税年度は4月6日ー翌年4月5日までです。この期間を境に控除の金額や税率が変わります。
2016/2017年度のIncome TaxとNIの控除額および税率はこちらのページヘどうぞ。

www.gov.uk

こちらのPrevious Tax Yearのページから過去の税率を参照することもできます。

www.gov.uk

Income Taxの求め方

【基本の計算式】
([Gross Pay] - [Personal Allowance])× Tax Rate
Gross Payから所得控除額を引いて、該当する税率をかける。

Tax Yearが2016/2017の場合、年間基礎控除額は£11000です。
これを月あたりにすると、£917。

月のGross Payが£1500の場合を例に取って実際に計算してみましょう。
まずは、Gross Payと基礎控除額から、課税対象の金額が以下のように求められます。

£1500-£917=£583

この課税対象額に税率(この場合は20%)をかけると、実際に引かれるIncome Taxが算出できます。

£583×20%=£116.60

よって、Income Taxとして引かれる金額は£116.60ということになります。

NIの求め方

NIの求め方も、基本の手順はIncome Taxの求め方と同じです。

【基本の計算式】
([Gross Pay] - [Personal Allowance])× Tax Rate

Tax Yearが2016/2017の場合、月の控除額は£673、率は12%です。
Income Taxと同様に、£1500の給与をもらった場合を例に計算してみましょう。

£1500−£673=£827
£827×12%=£99.24

NIとして引かれる金額は£99.24ということがわかります。
それでは先ほどのIncome Taxの金額と合わせて、最終的な手取り額を求めてみましょう。

£1500−(£116.60+£99.24)=£1284.16

というわけで、月の給与が£1500の場合は£1284.16が手取り給与として受け取れることがわかりました。簡単ですね!
これで給料日前でも手取りの金額が正確にわかりますので、支出の計画がスムーズに立てられますね。

計算機もあります

と、上に長々と計算方法を書きましたが、実際にはHMRCの計算機を使ってサクッと計算できます。
ページ中ほどの[Quick calculation]からどうぞ。