ベルリンでひきこもり

毎日ベルリンでひきこもり。ときどき旅にでかけます。

ドイツとクレジットカード | ベルリン編

f:id:tabbie_cat:20160918230429j:plain

ドイツでクレジットカードは使えるか?

この答えはYesでもあるし、Noでもある、というのが正直な答えです。
私としては、イギリスと比べると「使えない」というのが率直な感想ですが、実際にはドイツを訪れる状況によって大きく印象が左右されるというのが正しいところです。この質問は尋ねる相手によって、答えが大きく変わります。

とりあえずベルリンを例に、クレジットカードはどの程度通用するのか?シチュエーション別にまとめてみましょう。

普通に観光する分には問題ない

まず、観光客が頻繁に訪れる観光施設やデパート、アパレル、雑貨などの国際的な(ここ重要)チェーン店などでは問題なくクレジットカードが利用できます。これらの施設から外れないかぎり、クレジットカードが使えなくて不便に感じることはそれほどないでしょう。
食べ物に関しても、小規模なカフェやレストラン、屋台などはともかく、ガイドブックに載っているようなレストランであればクレジットカードはおおよそ通用するはずです。

観光客が不便を感じるとしたら、公共交通機関のチケットを購入するときでしょうか。
駅に設置されている券売機では€10以上のお釣りを出せないことが多いので、観光客が両替で最初に手にすることの多い€20札では1回券や4回券、1日乗車券などの少額の切符を買うことができない場合があります。ここだけは注意しておきましょう。
なお、タクシーはほぼクレジットカードでの支払いが可能です。

日本人旅行者はもともと現金を多めに持ち歩く傾向があり、クレジットカードを使用する機会は高額な商品の購入、ホテル代の支払いなどに限られています。そのため、多少の不便はあるがそれほど不満を感じることはない、「まあ使える」という判断になるのが実情ではないかと思われます。

ちょっとした生活をするには不便

しかし、旅行以上、移住未満の短期滞在や、移住直後は状況が全く変わってきます。
生活必需品を購入するための店舗では、スーパーやドラッグストアだけでなく電気店でさえ、クレジットカードの利用はまず期待できません。
また月単位で滞在するとなると、定期券の購入など、クレジットカードが使えないにもかかわらずある程度まとまった金額が必要な機会も訪れます。「現金はあまり持ち歩かない」が日本以外の国では常識ですが、こういった状況下では「現金で用意するのはあまり気が進まないけれど、現金以外の支払い方法を用意するのも面倒...」というジレンマがたびたび発生します。

他にも国際的なチェーン店なら大丈夫、と前項で書きましたが、生活に密着した商品を扱う店舗の場合はまた別問題のようです。ベルリンに引っ越し直後、生活用品を揃えるためにIKEAに行ったところ、クレジットカードは非対応でした。
「会計でクレジットカードは使えないから、向こうにあるATMでお金を下ろしてまた来てね」とキャッシャーのお姉さんに言われたわけですが、正直ATMを置くくらいならクレジットカード対応のシステムを入れてほしいのが本音です。そのほうが、このお姉さんが商品をスキャンした労力と後ろで待つ他のお客さんたちの時間の節約になると思うのですが…

そんなわけで、この状態に置かれていると「使えない」という判断になるわけですね。

生活の基盤ができれば気にならない

じゃあドイツ人や長期滞在者はいつもそれなりの金額の現金を持ち歩いているの?というと決してそうではなく、ドイツ国内の銀行で発行されたデビットカードを使用することがほとんどです。上であげたクレジットカードお断りの施設でも、デビットカードは受け付けています。
この状態になれば、クレジットカードが使えるか使えないかは大した問題ではなくなります。多額の現金を持ち歩かざるを得ない状況から脱出するためにも、一刻も早くこの状態にたどり着きたいものです。

おまけ:ベルリン・シェーネフェルト空港駅地下の風物詩

先にもお話したとおり、通常の駅の券売機ではクレジットカードが使用できませんが、これは旅行者にとっての玄関口である空港の駅でも例外ではありません。
同時に、旅行者が両替で手にすることの多い€20札も券売機では受け付けてもらえない場合が多くあります。
それらの事情が重なって、シェーネフェルト空港駅でよく見られる光景がこちら。

ベルリン市内へ向かうチケットが欲しいけど、クレジットカードが使えない。現金で買おう

手持ちの€20札でベルリン市内までの1回乗車券€3.30を買おうとする。
しかし券売機が€10札より大きい金種を受け付けない。使えない

駅構内にATMがある!じゃあ、€10札1枚だけ下ろそう

ATM「引き出し可能な金種は€20札だけです」

「」

こんな流れで途方に暮れている観光客をよく見かけます。
一応クレジットカード対応の券売機は空港側から駅に入ってすぐに設置してあります。しかし2台しかないうえにいつも行列ができているのでスルーしてしまう人が多いせいか、このような悲劇が起こる模様です。
この空港駅くらいは券売機をすべてクレジットカードに対応してくれていいのに...と思わずにはいられません。

ドイツは先進国ですが、不便なことがたくさんあります。