ベルリンでひきこもり

毎日ベルリンでひきこもり。ときどき旅にでかけます。

旅行情報

10日間でポーランド1周 | 世界遺産・ヴィエリチカ岩塩坑

ワルシャワからの夜行バスを降りて、クラクフ到着が午前4時半。 まだ薄暗く人影もないクラクフの町をフラフラして、(図々しくも)宿泊予定のホステルでシャワーを借りてスッキリしたら、早速クラクフ近郊の世界遺産のひとつ、ヴィエリチカ岩塩坑へ向かいま…

10日間でポーランド1周 | 世界遺産・クラクフ歴史地区

前回ワルシャワの博物館を紹介したところで、一気にクラクフへ。 中世の頃から残る町並み、ヴィエリチカ岩塩坑とアウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所と、まさにポーランド観光のハイライトとも言える場所ですね。 ワルシャワのことも書こうと思いました…

ポーランド旅行で絶対にしてはいけない3つのこと

海外旅行に出かけるときは、その国のマナーや習慣を勉強していく方は少なくないと思います。 ポーランドでも他のヨーロッパと同じように「スープを食べるときに音を立ててはいけない」とか、「鼻水をすすってはいけない」などのマナー的な「してはいけない」…

イージージェットに乗ってみよう。使い方と注意点

ライアンエアーと並んで知名度の高いヨーロッパのLCC(格安航空会社)といえば、イージージェット。 ヨーロッパ中にくまなく張り巡らされた使いこなせれば、ヨーロッパ旅行のプランの幅はぐんと広がること間違いなしのはず。 さてこちらもヨーロッパのLCCら…

タダでもできるワルシャワ観光 | 博物館・美術館の無料入館日リスト

第2次大戦中の戦闘で徹底的に市街地を破壊されてしまったワルシャワ。 そのためか中世からの街並みが残るクラクフなどと比べていまいち見どころが少ないと言われてしまいがち…ですが、他のポーランドの都市よりもワルシャワが圧倒的に優れている点があります…

ベルリン観光で覚えておくと便利な無料トイレ3つ

ドイツのトイレは有料。 他のヨーロッパ各国と同じように、ドイツにおいても駅やバスターミナルのトイレは有料です。ほとんどの場合入り口に駅の改札のようなものが設置してあり、こちらに50セント程度の料金を入れることでトイレに入れるようになっています…

ベルリンのクリスマスマーケット | 有名どころから穴場まで、オススメ6つ

冬のドイツの風物詩・クリスマスマーケット。 ここベルリンもその例に漏れず、12月は市内各地で大小さまざまなクリスマスマーケットが開かれています。 その数はなんと100以上にも及ぶとの噂も... そんなにたくさんのクリスマスマーケットの中から、とりあえ…

ウィーン旅行・おすすめの両替所!

いまどきはネットで両替のことを尋ねても、だいたい「旅行中に現金が欲しかったらクレジットカードでキャッシングしろ!」みたいな答えが返ってきますが、どうしても現金を両替したい場面もあるはず。 もちろんキャッシングにメリットが多いのは確かですが、…

ベルリンの光の祭典 Berlin Leuchtet 2016

秋分の日を過ぎてから、日没が日毎短くなるのを感じる今日このごろ。 夏も終わり、ベルリンを賑わせた数多くのイベントもともに過ぎ去る... かと思いきや、10月のベルリンはイルミネーションイベントが熱い! というわけで、ベルリンの光の祭典"Berlin Leuch…

10日間でポーランド1周 | コペルニクスの故郷・中世都市トルン

前回から引き続き世界遺産・中世都市トルンです。 トルンゆかりのコペルニクスとプラネタリウムについて。あと、トルンにはおいしいカフェもあります。 前回の記事はこちら。 www.tabbie-cat.net

10日間でポーランド1周 | 中世都市トルンの街歩き

ポーランド旅行3日目。 早朝にグダニスクを出発し、中世の面影を残す世界遺産の街・トルンへ向かいます。 目的はおもに街歩きと、プラネタリウムです。

10日間でポーランド1周 | ドイツ騎士団の本拠地・マルボルク城

ついにやって来ました、世界遺産マルボルク城! 現在も残る中世ヨーロッパ最大の城塞は、見応えがありすぎて困る。

10日間でポーランド1周 | 世界一のパイプオルガン・オリーヴァ大聖堂

グダニスクの街歩きのあとは、グダニスク観光では外せないオリーヴァ大聖堂のオルガンコンサートへ。 オリーヴァ大聖堂へのアクセスとともに、ポーランドの公共交通機関の乗り方案内なども。

10日間でポーランド1周 | 港湾都市グダニスク

ポーランド1周、最初の町はバルト海に面した港湾都市・グダニスク。 初日はグダニスクの街歩きを中心に、複雑なポーランド史の中でもとりわけ複雑なグダニスクの歴史をたどります。

ポーランド旅行の準備 | お金と両替のこと

ポーランドの通貨は自国通貨のポーランド・ズヴォティ(略称PLN)。 そのため日本からポーランドへ、またヨーロッパからポーランド旅行へ向かう際にも何らかの手段でポーランド・ズウォティを入手する必要があります。 特に日本から来る場合ですと空港の両替所…

そうだ、ポーランド行こう | 10日間でポーランド1周 準備編

新しく引っ越した家のトイレにはヨーロッパ地図があります。 これを毎日眺めているうちに、ベルリンはドイツのかなり東寄りに位置し、100kmほどですぐにポーランドの国境まで到達できることに気が付きました。近いですね。 そうだ、ポーランド行こう。

ウィーンから日帰り旅行 | スロバキア・ブラチスラヴァ 食事編

次の家もようやく見つかり落ち着いたところで引き続きスロバキア・ブラチスラヴァ。 食事編です。 今回の滞在では昼11時頃ブラチスラヴァ着、夜20時頃ブラチスラヴァ発とだいぶ時間に余裕があったので、ランチ・ディナーともにブラチスラヴァでいただきまし…

ウィーンから日帰り旅行 | スロバキア・ブラチスラヴァ 交通編

ウィーンでのドイツワーホリビザ申請の間、ウィーン観光はもちろんですが、ウィーンからの日帰り旅行もしっかり楽しんできました。 ウィーンはオーストリアの国土の中でもかなり東に位置し、チェコ・スロバキア・ハンガリーまで電車で1〜2時間と、日帰り旅行…

イタリア人に学ぶ小金稼ぎのアイデア

実は複式簿記発祥の地はイタリア。 ギリシャ、スペイン、ポルトガルなどに並び、ヨーロッパ経済のお荷物と言われるイタリアですが、イタリア経済の実態は表面上よりもかなり豊かなのでは?という噂もあります。それは、税金逃れのために帳簿にお金の動きを載…

ライアンエアーには危険な罠がいっぱい!スリルを楽しみながら上手に使おう

その路線数の多さと格安の料金から、ヨーロッパ貧乏旅行の友として頼りになるライアンエアー。 しかしそのお金に対するシビアさはよく知られているところです。 オンラインチェックインをしないとペナルティ。 ボーディングパスを印刷してこなかったらペナル…

イギリス最強のゲテモノ料理と名高いウナギのゼリー寄せは、イギリスらしさが詰まった至高の一品だった

イギリス料理はおいしい。 ちょっとセンスがなくて、意識が低いだけ。 イギリス最強のゲテモノ料理と名高いジェリードイール(ウナギのゼリー寄せ)だって、噂が一人歩きしているだけ。そうに違いない。

「イギリスの料理がまずいと言う人間は、自らが貧乏人だと晒しているようなもの」

タイトルのような意見を聞いたことがあります。 イギリスで料理がまずいと言われるのは、そう評する人間が程度の低いレストランにしか行ったことがないから。 金さえ出せばイギリスでもおいしいものはいくらでも見つけられる、と。 私はイギリス料理が大好き…

ドイツとクレジットカード | ベルリン編

ドイツでクレジットカードは使えるか? この答えはYesでもあるし、Noでもある、というのが正直な答えです。 私としては、イギリスと比べると「使えない」というのが率直な感想ですが、実際にはドイツを訪れる状況によって大きく印象が左右されるというのが正…